2018年07月21日

犬が教えてくれた素敵な物語




私が犬と初めて関わったのは、幼稚園のとき。


近所のお兄ちゃん達が拾ってきた捨て犬を、大人達に見つからないように 空き地の土管の中でみんなで飼おうとしてたっけ。


結局大人達に見つかってこっぴどく怒られて、それでもその犬は近所で1番怖かったおじさんのおうちで飼ってもらえた記憶。。。



IMG_20180718_164127_214




次の犬との思い出は、小学2年生のとき。


期間限定で預かった親戚の犬がめっちゃおバカで、ランドセルの上にオシッコしたりプリントビリビリに破いたり大変だったっけ。


だけどお別れの日は悲しくて悲しくて大泣きした記憶。。。




IMG_20180215_130937_429






そして、中学生になってから飼った雑種の犬。



とても賢くて優しくて。
隣でいつも静かに話を聞いてくれたっけ。

脱走してきた近所の犬から私を守って噛まれて死んだ強くて優しい子の記憶。。。




IMG_20180608_233342_433

これは私のエピソード。







そしてこの本には15の心に響くエピソードが綴られていて、

きっと、犬と暮らしたり関わってきた人ならどれかのエピソードが心に響くと思う。




『犬が教えてくれた素敵な物語』(三笠書房)



20180719_065342




全部が当てはまるわけじゃないんだけど、どれもがなんだか懐かしくて。

読み終わったあとに、心がほわっとあったかくなる。




ぜひお手に取って見てください。

読んだらきっと優しい気持ちになれるはずです。






┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村



いつも応援ありがとうございます♡











このエントリーをはてなブックマークに追加
hiroshitohiichan at 19:00│独り言 | ひろしです☆7歳
前の記事次の記事