2016年05月28日

お洋服は飼い主のエゴ?




『犬に服は必要ですか?飼い主のエゴではありませんか?』

そんな意見が届きましたので、少しご説明を。





ひろしは家の中では基本裸族


でも、お外に行く時はお洋服を着せています。

image



虫が付くのを防いだり、

昨日ブログに書いた芒(のぎ)のような植物などから体を守る意味で着せています。



image



紫外線を防止したり、


image



万が一のケガなどから身を守る意味もあります。




カフェやお買い物の時には、

抜け毛に配慮する意味もあります。

image




それなら、きらびやかなお洋服は必要ないでしょ?と言われそうですが、

そこはすこしでも可愛くしてあげたいという親心なので
ご理解いただけたらありがたいです・・・・



ただの着せ替え人形として服を着せているのではない。

ということはわかっていただけるでしょうか??


image



『犬に服を着せるのは飼い主のエゴ!』

こういう意見に 私たち犬飼いは耳を傾けることが大切です。


そして、服を着せている意味をわかってもらう努力も必要ですね。



そのためにも、私はこれからもブログを通して伝えていけたらいいなあと思っています。



↓応援クリックよろしくお願いします♪↓
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

いつもポチッとアリガト━━━ヾ(*´∀`*)ノ━━━━♪




このエントリーをはてなブックマークに追加
hiroshitohiichan at 07:30│思うこと 
前の記事次の記事